グリーンセンターのホームページへようこそ!!|菊陽町|光の森の花屋|花苗・切り花・花ギフト・観葉植物|庭木剪定・消毒|エクステリア外溝工事|

qrcode.png
http://goo-hana.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

㈱エフ・アンド・ピー 
総合園芸店グリーンセンター

〒869-1109
熊本県菊池郡菊陽町新山1-12-12
TEL.096-285-3487
FAX.096-285-3490
営業時間
9:30~18:30

定休日:木曜日(花仕入れ日)
──────────────
1.花苗・花鉢・切り花・プリザーブドフラワー
 カラーサンド・観葉植物の販売

2.花束・アレンジメント(完全予約制)
3.園芸用品の販売
4.庭木の剪定・消毒
5
.エクステリア工事
──────────────
 

 

園芸講座 冬~

 

花みずき、山ぼうし等お礼肥えはすみましたか?

花みずき、山ぼうし等お礼肥えはすみましたか?
 
来年もたくさん花が咲くように、今すぐ醗酵油粕を施肥しましょう!!  
花数が少ない、咲かなかった!・・・という木には骨粉のみを与えます。
そして夏場はしっかりと水やりをしましょう。夏場の水やりが不足すると秋から枯れだす恐れがりますし、花芽の付を悪くしますのでご注意を!!
 

バラの手入れ

バラの手入れ
 
梅雨~夏のバラの手入れ
梅雨に入ると病気になりやすくなりますのでうどんこ病や黒星病(黒点病)になったら早めに殺菌剤で消毒しましょう。手軽に使えるハンドスプレータイプもあります。
又ほとんどのバラは春からの花が終わり葉がどんどん茂っています。一季咲きのバラは6月から7月に剪定をしましょう。四季咲きのタイプは春から伸びた短い枝で2分の1位、長い枝で3分の1程度切り戻しをします。ミニバラもほとんどの品種が四季咲きなので同様に切り戻しをします。特にミニバラは病気になりやすいので風通しがよくなるように不要な枝もカットしましょう。
肥料は6月にお礼肥えを施します。肥料はなるべく有機質のものをオススメします。バラ専用の液体肥料や固形肥料は成分がバランスよく配合されていますのでよく効き使いやすいです。
肥料をしっかり施して良い花を咲かせましょう(^o^)
 
 

シャコバサボテンの植え替え

シャコバサボテンの植え替え
 
1、伸びすぎた茎節は先端の2〜3節を切ります。
2、鉢から抜き根元を3分の1程落とします。
3、ひと回り大きな鉢に新しい用土で植えます。
  用土は赤玉小粒5、腐葉土3、バーミキュライト2の配合土で植えます。
  お手軽な専用土でもOKです。
 

観葉植物が何だか元気がない・・・

観葉植物が何だか元気がない・・・
 
葉先の黒いものや2年以上植え替えをしていないものは今すぐしましょう。葉水も大切ですので、時々ハイポネックス速効スプレー液をかけて活力をあたえましょう。グリーンセンターでも植え替えは致しますのでご相談下さいね
 

ハイビスカスの育て方

ハイビスカスの育て方
 
ハイビスカスを購入したら、ふた廻り大きな鉢に植え替えましょう。そして日当りの良い場所で育てます。
葉っぱの色が薄くなったら肥料切れのサインですので、玉肥料(N10・P10・K10)を鉢のふちに置き肥をしましょう。

冬、霜の降りる間は室内の明るい窓辺に取り込みましょう。寒さが厳しくなるにつれ、日中は日光によく当て、夜は室内でもできるだけ暖かい場所で育てましょう。
冬場の施肥は必要ありません。水やりは乾いている時だけ昼間に与えましょう。(3〜4日に1回程度)
 

あじさいの育て方・植え方

あじさいの育て方・植え方
フォーム
 
育て方
2010-05-02

梅雨明けし、夏場のあじさいの水やりは、土が乾いたらたっぷりとお水を与えましょう。
花が終わったら花房から2~3節目くらいで切りお礼肥えをしましょう。(液体肥料でもいいです。)
花の色が購入時と変わっていたら苦土石灰を根元にまきましょう。

*注意点  
あじさいはほとんどの品種が7月頃から秋までにかけて翌年の花芽をつけますので、剪定が遅くなると花芽を切ることになります。剪定は花後すぐにすることをオススメします。
夏場しっかりとお水を与え、もし葉っぱに病気が入ったら早めに殺菌剤で消毒をしましょう。

 
あじさいの植え方
2010-05-02
今年購入したあじさいは、花後庭植えできます。植え付ける場所は、夏の西日が避けられる所を選び、腐葉土と苦土石灰を入れて植えましょう。そして固形醗酵油粕を与えましょう。
*花は房から2節下のわき芽の上で切ります。
 

ペチュニア系の花が長雨で傷んでしまったり、花姿が乱れてきた時のお手入れ法

ペチュニア系の花が長雨で傷んでしまったり、花姿が乱れてきた時のお手入れ法
 
先端のみに花がつき、茎根元はだれてきているペチュニア。
半分位の大きさまでカットしましょう。
先端ばかりに花がついたり、雨で傷んだ株は思い切って切り戻し(カット)をしましょう。その後アルゴフラッシュ液体肥料を10日に1回与えます。真夏の切り戻しは株が弱りやすいのでお早めに・・・アブラムシがついたり、うどんこ病になった場合はガーデンガードALを散布しましょう。
 

クンシランの管理

クンシランの管理
 
施肥について
まだまだ寒い日が続きますが、クンシランは肥料を好みますので2月から施肥を与えましょう。その後、4月、6月、9月と与えていきます。肥料は緩効性の肥料(マグアンプKや骨粉入りの固形油粕)を株の大きさに合わせて置き肥しましょう。
6月頃までは液体肥料を併用するのもよいでしょう。(1000倍液に薄めて)
*夏場の施肥はさけましょう!!

植え替えの適期;4月から5月

基本は2年に1回、開花後植え替えを行いましょう。クンシランは2年以上植え替えをしないと、どんどん根が回ってしまい根腐れの原因になります。
鉢から株を抜いたら黒く腐った根があれば取り除きます。白い根がしっかり張っていれば、根をくずさないようにしましょう。
用土は、赤玉土(中粒)、腐葉土、バーミキュライトを等量を合わせたもので植え替えをします。
肥料は植え替え後一ヶ月経ったら骨粉入りの固形油粕を置き肥します。7,8月の夏場の肥料はさけ、秋涼しくなったら1回、そして2月頃置き肥をしましょう。


<<株式会社エフ・アンド・ピー>> 〒869-1109 熊本県菊池郡菊陽町新山1-12-12 TEL:096-285-3487 FAX:096-285-3490